むずむず脚症候群になりやすい人の体質、治療方法

 

 

むずむず脚症候群には色々な症状があります。

 

むずむず脚症候群の特徴的な症状としてよく言われているのがムカデやミミズのような長い虫が足に這い回るような感覚になることです。
寝ているときなどじっとしている時に足がむずむずする感覚に襲われることもあります。

 

他にも足の奥のほうが痒くなったり感じる人もいます。

 

むずむず症候群になりやすい体質の人は鉄分が不足している人がなりやすいようです。

 

月経が大量に出てしまった時によく引き起こしやすくなったりすることもあるので、男性より女性がなりやすいとされています。

 

男性でむずむず脚症候群になってしまう人の中に他に悪性腫瘍をもってそれが原因で血液が不足し、鉄分をうまく補えなくなり発症してしまうこともあったり、慢性的な貧血を持っている人も、なりやすいとされています。

 

なってしまった場合の対処法としてはストレッチなどの簡単な運動をしたり、カフェインを取らないようにしたり、鉄分を積極的に取るようにします。

 

それでも改善されない場合は、病院で治療を受けることになります。
むずむず脚症候群は睡眠障害の1つといわれている為、精神科や心療内科、神経内科などで受診することがおすすめです。