むずむず脚症候群は体質からくる病気です

 

 

むずむず脚症候群というものをご存知でしょうか。
この病気はじっとしていると足がむずむずしてきて、かゆくなったり虫が脚を這っているような感覚に襲われるもののことを言います。

 

症状が軽い場合はそれほど気になりませんが、重い人になってくるとかゆみが抑えられなくなって睡眠障害に陥ってしまい、鬱病を併発する可能性がある危険な病気です。

 

むずむず脚症候群の原因は体内に鉄分が不足している体質で、鉄分が不足すると体内で分泌されるドーパミンの量が減ってしまいます。
ドーパミンは脳から与えられた指令を適切に手足に運ぶ役割を持っているため、これが不足すると手足にむずむずした感覚が出てくるようになります。

 

さらに脳への情報の伝達にも支障が生じ、誤った情報が伝えられることによって現実と脳内の情報に齟齬が生じてしまって、むずむずとした感覚が生じてくるようになります。

 

この症状を解消するには運動やマッサージで血行を良くすることと、睡眠を十分にとること、鉄分を摂取することが必要です。